2018年6月25日月曜日

恵泉蓼科ガーデン

晴天の昨日、
「恵泉蓼科ガーデン」に夫婦で行って来ました。

恵泉蓼科ガーデン」は標高1,150mの三井の森別荘地内にあります。
我が家からは車で25分ほどです。

ここは
東京の恵泉女学園大学社会園芸学科の学生たちの実習場、
及び、学園関係者の研修の場となっているそうです。

年に数回地元の人達に開放される日があり、
昨日がその日でしたので初めて行って来ました。


ピンクボーダーガーデンとイエローボーダーガーデンが続く庭


訪れた時はちょうど
ガーデン長の小澤文子さんの説明が始まっていて
私達も慌てて参加して来ました。

ガイドツアーで進んだ順にガーデンをご紹介していきます。



ピンクボーダーガーデン



ピンクボーダーガーデン



イエローボーダーガーデン



ハーブガーデン



ハマナスの花


良く知られているバラ科のハマナスは
秋には赤い実をつけ、ローズヒップティーになります。

バラ園の入り口


バラ園


バラ園


バラ園


バラ園


バラ園の出口


バラ園を出ますと、
大きな西洋菩提樹を目にします。
1985年7月にオープンした蓼科ガーデンのシンボルツリーです。


シンボルツリーの西洋菩提樹


花々の爽やかで美しい色もさることながら、
グリーンの濃淡が美しい庭でした。


ホワイトボーダーガーデン



ブルーボーダーガーデン


ブルーボーダーガーデンを過ぎると入り口近くに戻り、
アーチ型にしだれるように咲くバラが咲き誇っていました。

アーチ型の赤いバラ


アーチ型の赤いバラ


入り口近くの研修棟の前を過ぎて奥に行きますと、
日本風のロックガーデンが現れます。
何故かホッとする、そして心にしっくりするガーデンです。

日本では石を据え置いて庭を作ります。
しかし、
英国は石が地面に埋め込まれている風土ですので、
庭に石を据え置くという発想はなく、
石は庭に埋め込んでしまうそうです。

白っぽいコロラドトウヒ(左)とロックガーデン


八ヶ岳の石が自然な感じで配置されていました。

ロックガーデンに咲いていたカキツバタ


「恵泉蓼科ガーデン」の骨格は
英国風ガーデンですが、
作庭に当たっては可能な限り自然をそのまま受け入れたそうです。

八ヶ岳の石や、風土に合った植物が使われており、
日々この地に暮らす私にとって親近感の持てるガーデンになりそうです。





2018年6月17日日曜日

ガラスの飾り~青いバレリーナ

ガラスでバレリーナを作りました。

孫娘たちがバレエを習っていますので、
私に会うと、足をあげたり、クルクル回ったりして踊ってくれます。

今はおチビちゃんですが、
あの子達が大きくなってもバレエを習っていたら、
こんな風に踊るのかしらと思いながら作りました。

額の大きさ=173mmx225mm、   ガラスのみの大きさ=120mmx170mm


目と髪飾りはエナメル絵の具で絵付けしました。

髪飾りはピアスと同じ若草色です


足元にはゴールドのガラスを散らしてあります。

ゴールドのガラスは光を受けて美しく輝きます


最初の写真のように立てて飾ることができますが、
壁に掛けることもできるよう白いリボンを結びつけました。


背景は凸凹したガラスです


ステンドグラスでもなく、ガラスを熔かしてつなぐフュージングでもなく、
自由に様々なガラスを組みあわせて作りますので、
イメージが広がり、とても楽しい作品作りです。



2018年6月7日木曜日

コロボックルのマグカップ

先日梅雨の前の晴れた日、
霧ヶ峰、車山方面に行って来ました。

緑の中の爽やかなドライブで
私にとって何よりの気分転換になりました。

ランチを霧ヶ峰のコロボックルヒュッテで頂きましたが、
ここは20年前に皇太子御夫婦が立ち寄られた所です。

私は食後、マグカップを購入しました。
お店のロゴマークのものとニッコウキスゲ?の花模様のものです。

お店のロゴマークのもの(左)と花のマグカップ


ランチと一緒に私はハニーミルクを頂きましたが、
このマグカップに入ってきました。
肉厚のカップはミルクが冷めにくく、
持った感じも温かみがあっていい感じです。

我が家ではこのような厚手のカップがありませんので、
重宝しそうです。


左は通常のマグカップ、右のコロボックルのマグカップはかなり肉厚です


マグカップと一緒にポストカードも買って来ました。
コロボックルヒュッテや周辺の景色のものなどいろいろありましたが、
木立の中の山小屋の風景のものにしました。

優しい雰囲気のカードで気に入っています。
すぐ壁に飾りました。

コロボックルヒュッテのポストカード


車山高原ではレンゲツツジの季節を迎えようとしていましたが、
我が家の庭は
今タイムの花が真っ盛りです。
可愛らしいピンクの花をいっぱい咲かせています。

タイムは
寒い雪の中をじっと耐えて毎年可憐な花を咲かせてくれます。
愛しい花であり、お料理の友でもあります。

小さなピンクの花をいっぱい咲かせるタイム


霧ヶ峰方面のドライブやコロボックルヒュッテでのランチの様子は
下記のブログに詳しく書いてあります。
ご興味のある方はどうぞご覧ください。




2018年5月21日月曜日

コナシの花

夏のように暑かったり
コートが必要な寒さになったり、気候が落ち着きません。

昨日、今日は青空が広がり、
気温は低めですが、気持ちの良いお天気です。

別荘地内を散歩をしていても心地よく、
新緑の美しさを満喫しています。

新緑の別荘地


桜の後はコナシ(ズミ)の花が咲き始めます。

標高1,600mの我が家周辺は
蕾のものや満開のものなど様々です。

コナシの花~薄いピンクの可愛らしい蕾もあります


この時期は白い可憐な花が沢山咲き、
秋には赤い小さな実をいっぱいつけます。

白く小さな花が次から次へと咲きます・・・コナシ=バラ科リンゴ属


濃淡の緑の森に
白いコナシの花や
ミヤマツツジが色を添えます。

蓼科の四季折々の美しさに
今更ながら感激している私です。

緑の中のミヤマツツジ・・・薄紫色が綺麗です


散歩の後は
クリームチーズタルトを頂きました。

クリームチーズタルト


これからの季節にぴったりの
ブルーの水玉のお皿にのせました。

青い水玉のお皿  123mmx123mm




2018年4月22日日曜日

ガラスの壁掛け~「春」

今年は桜の開花が早く、
既に葉桜になっている所が多いことでしょう。

ここ蓼科の聖光寺の桜は
例年は5月の連休が見頃になるのですが、今年は既に満開となりました。

標高1,600mの山荘周辺も少しづつ新緑の季節に移りつつあります。

葉を落とし枯れ木のような寂しい姿の木々が
少しずつ芽吹き、
柔らかいふわふわした葉を茂らせていきます。

そんなぼんやりとしながら色を増していく優しい春の風景を
ガラスと毛糸で表現してみました。

226㎜x150㎜


前回ご紹介したガラスの壁掛け~「桜のある風景」と同じく、
板にガラスや本物の木の枝、毛糸を貼り付けました。








殺風景な山の景色も、
この壁飾りのような明るくカラフルな季節へと移行中です。

教会の十字架も本物の木の枝で作りました





2018年3月3日土曜日

ガラスの壁掛け~桜のある風景

久しぶりにガラス作品を作りました。

今までと違った作り方で新しい作品を作りたいと思い、
板にガラスを貼り付けて桜のある風景に仕上げました。

長く寒い冬の日を過ごしていますと、
春が待ち遠しくて仕方ありません。

待ちわびた春には桜がぴったりです。


226mm x150mm


白くペイントした板に
軽く焼いて丸みをつけたガラスを貼り付け、
桜の幹や枝は本物の木を使いました。




今までのガラスだけを使った作品作りとは違い、
色々な材質のものを組み合わせる楽しさがあります。




眺めていているだけで春が来たような気持ちになれます。
私にとって心休まる一枚となりました。




2017年12月9日土曜日

小さなガラスの壁掛け

最近小さなガラスの壁掛けを作っています。

10㎝角ですので、
リビングの片隅、キッチン、洗面所、寝室など
場所を選ばず楽しんで頂けます。

小さいながら
私が表現したい世界を十分伝えてくれます。

ガラスの壁掛け「冬の青い空」

先月初めて作った「冬の青い空」は
凍りつくような寒さと澄み切った青空の雪景色です。
太陽の光を受ける純白の美しい景色。

実際にこのような銀世界を見ている私にとって
どうしてもガラスでお伝えしたいシーンでした。

この1枚はすぐお嫁に行きました。




次に今月作ったものは「月明り」です。
こちらは月明りに照らされる雪景色です。

「月明り」


シンと静まり返った冬の夜。
月の明かりが雪を被った木々や雪道を優しく照らします。

神秘的な月明りにいろいろな思いを寄せます。



小さなガラスの壁飾りが
日常生活から別世界へ誘う一品となってくれることを願って
日々制作しています。