2017年3月31日金曜日

蓼科の四季~ガラスの飾りプレート

3月も今日で終わりになりました。
蓼科では
お彼岸が過ぎても30㎝近い積雪があり、
今日も朝から細かい雪が降り続いています。
なかなか春は来てくれませんが、
少しずつ暖かな風が吹いてくることでしょう。

ここでは冬が長く、
やっと来た春も瞬く間に過ぎ、
夏も秋も駆け足で過ぎ去ります。

私はそんな蓼科の自然をガラスで表現したいと思い、
1年に1~3点ガラスの飾りプレートの新作を作っています。

初めに「星降る夜」を作りましたが、
少しずつ増えて
どうにかそれぞれの季節を表現できるようになりました。

春のプレートは
瑞々しい新緑と春の陽光に満ちた大地です。

「新緑の森」177mmx118mm


春を追いかけてきた夏。
真夏でもひんやりとした空気に包まれる爽やかな風景。
清涼な風が吹き渡ります。

「青い森の小さな家」178mx116mm


そして
黄金色に染まる秋。
カラマツの森は秋の最後に黄橙色になり、
その針のような葉をハラハラと落としていきます。

「山の秋」 177mmx117mm


神秘的な空からは
月が形を変えながら私達を見つめています。

「月夜」 180mmx120mm


冬の澄み切った空には
満天の星が瞬きます。

「星降る夜」 176mmx116mm


雪に覆われた銀世界。
メルヘンのような別世界が現れます。

「雪の朝」 168mmx128mm


どのシーンも息をのむような自然の美しさです。

毎年見る景色でありながら、
いつも心から「美しい・・」と思ってしまうのです。

それをどうしたらガラスで上手く表現できるか、
いつも頭を悩ませますが、楽しい作業でもあります。

最後に最近の作品です。

長い冬を終え、
やがて蓼科にも遅い春がやって来ます。
色とりどりの花が一斉に咲き、
やっと
モノクロの世界から「カラフルな暮らし」に変わります。

そんな胸弾む光景を小さな家々で表現しました。

「カラフルな暮らし」 180mm x120mm


「カラフルな暮らし」


これからもいろいろな視点から
美しい自然をガラスで表現していきたいと思っています。



2017年3月11日土曜日

祈り

今日は東日本大震災から6年。

復興は少しずつですが、進んでいます。

一方
今だに風評被害や偏見に苦しむ子供たちがいます。

いつもそのことに心を配り、自分なりの支援を続けていきたいと思います。


今年も

多くの思いを込めて

祈りを捧げます。

2017.3.11  祈り



2017年3月6日月曜日

孫娘の雪遊び

3月3日の夜から次男一家が山荘に来ました。

昨年のクリスマスに会った3歳の孫娘はこの2か月半でまた背が伸びたようです。

庭の雪を踏みしめる3歳の孫娘 2017.3.4

今年の蓼科は雪が少なく、やっと積もってもどんどん融けて行きますので、
孫たちが遊びに来る頃はどうなっているかしら?と心配していました。
幸い、来荘前日に雪が降り、凍った路面は新雪に覆われ、
その後晴天に恵まれましたので、
最高の雪遊び日和となりました。

ここは雪がいっぱいだね!

4日の土曜日は
次男夫婦が山荘近くの ピラタス蓼科スノーリゾート に行きましたので、
孫娘二人はジィジとバァバで面倒をみることに・・

1歳半の下の子は座って雪遊びをしたり、
庭や周辺を散歩しました。

手袋をしてるとおもちゃがつかみずらい・・・下の孫娘

上の子は
そりに乗ったり、雪でお団子を作ったり、ジィジと雪合戦をしたり忙しそう・・

ジィジに引っ張ってもらって楽しいね~♬

ランディとそりで競争です

雪の少ない今年は大きなかまくらを作れず、
どうにか孫やランディが入れる大きさになりました。

小さなかまくらでも嬉しい(^^♪

山荘のサラサラの雪ではいつも雪だるまが作れませんが、
今回は大小のバケツに雪を詰めて小さな雪だるまもどきを作りました。

雪だるまと一緒にハイ、ポーズ!

この雪だるま、
鼻はニンジン、目はしめじです。

私達が庭の外を散歩している間に、
鼻と目をランディに食べられてしまいました・・・(@_@)

平らな頭の雪だるま・・鼻はニンジン、目はしめじです

去年会った時はママがいないとすぐ泣いていた下の子も、
今回はママを恋しがって泣くこともなく、家の内外でいろいろ遊んでいました。
3時頃には疲れたのか、ぐっすり寝入ってしまいました。

雪遊びで疲れたかな・・・私に抱かれる下の孫

お昼を挟んで、午前と午後たっぷり雪遊びをした後、
上の子はお勉強?をしていました。

お勉強中??

その孫娘が2月に描いた絵を
ママが黄色い画用紙に貼り付けて持ってきてくれました。
ジィジとバァバとランディです。

また宝物が増えました。
有難う!

何よりの宝物です (^_-)-☆

上の子は
翌日山荘を出発する前にも雪遊びをしましたが、
「ずっとお山にいたい!」と嬉しいことを言ってくれました。

いよいよ車に乗って帰る時、
バイバイをしながらまた大粒の涙。
いつも別れを惜しんでくれる可愛い孫娘です・・・



2017年2月6日月曜日

ピンク色の空

昨日はほぼ一日中雪が降っていました。
湿った重い雪です。

「雪をかき分けて歩くのは楽しい~」(ランディ)・・・午後の散歩


夕方雨戸を閉めようとしましたら、
東の空がうっすらとピンク色になっていました。

西側の空はいつものようにオレンジ色に染まっていましたが、
夕方、東の空がピンク色になるのはあまり目にすることがありません。

優しいピンク色に思わずカメラを取り出し、パチリ。

東の空に浮かぶうっすらピンク色の雲  2017年2月6日午後5時7分


それから
いつものように家の中の壁掛けランプを点けました。
こちらは濃淡様々なピンクの灯りです。

これはずいぶん前に作ったステンドグラスのランプですが、
ステンドグラスの作品を見ていると
また作ってみたいなぁと
いつも思います。

ステンドグラスの壁掛けランプ


2017年1月28日土曜日

映画「沈黙‐サイレンス‐」

26日木曜日、映画を見て来ました。

遠藤周作原作、マーティン・スコセッシ監督の「沈黙‐サイレンス‐」です。

テレビで宣伝していますし、新聞の映画紹介欄やネットでもいろいろ書かれていますので、
ご存知の方が多いかと思います。

私は原作を40数年前の学生時代と結婚してからと2回読みましたが、
どちらにしろずいぶん前のことですので、細部は忘れていました。

「沈黙」のパンフレット~ロドリゴ神父とモキチ(塚本晋也)


マーティン・スコセッシ監督は
1988年、ニューヨーク聖公会のポール・ムーア大司教から
遠藤周作氏の「沈黙」をプレゼントされます。

カトリック信者であるスコセッシ監督は
この本が監督本人に語りかけているような衝撃を受け、
映画化への決意を固めたと言われます。

監督は次のように述べています。
「遠藤が本で提示したテーマは、私がとても若い時からずっと考えていたものです。
私はこの歳になっても、信仰や人間のありようについて考え、疑問を感じていますが、
これらは遠藤の本が直接的に触れているテーマなんです」
(映画「沈黙」の公式HPより)

マーティン・スコセッシ監督とセバスチャン・ロドリゴ神父役のアンドリュー・ガーフィールド


映画化にあたり、出資者を探す困難や
脚本家ジェイ・コックスと二人で何度もドラフトを書き直して
満足がいくまで15年もかかったことなど、
紆余曲折を経て
監督が原作を読んでから28年後に映画はやっと完成しました。

資金面からロケ地はニュージーランドやカナダなど様々な地が検討され、
やっと台湾で17世紀江戸初期の日本を再現できる場所を見つけたということです。

信者の拷問を見るフェレイラ神父(リーアム・ニーソン)


ストーリーのご紹介は
これから映画を見る方のために控えておきたいと思いますが、
写真の説明を兼ねて大まかなあらすじだけ書いておきます。


イエズス会の高名な神父フェレイラが
布教のために訪れた日本で過酷な拷問を受け棄教したという知らせがローマに届きます。
弟子である若き宣教師ロドリゴとガルぺは
真相を探ろうと日本へ赴きます。

二人は
気弱なキチジローの導きによって日本の隠れキリシタンと会うことができますが、
やがて奉行所の役人に引き渡され囚われの身となります。

次々と拷問により命を落としていく信者を目の前にして
ロドリゴは自身が棄教すれば信者の命は救われると言われます。

殉教か、棄教か、
ロドリゴは苦しみます。

そして問い続けます。

「主よ、あなたは何故 沈黙を続けるのですか?」


ロドリゴ神父とキチジロー(窪塚洋介)

小説「沈黙」(1966)は
江戸時代初期のキリスト教弾圧の場面をもとに
神の存在や西洋と日本の思想的な違いを追及した作品で、
発表当時、一部のカトリック教会から強い反発を受け、
禁書扱いにする県が出るほどでした。

フェレイラ神父やロドリゴ神父は実在の人物をモデルにしています。

長崎奉行 井上筑後守(イッセー尾形)


日本におけるキリスト教の歴史において
最期まで立派にキリストの教えを守り抜いた人々は語り継がれる一方、
教えを捨てた人々は蔑ろにされました。

死への恐怖や信者を助けたいと願う苦悩、強い人間と弱い人間、
様々な受難の場面にまつわる出来事は
遠藤周作氏の執筆の動機となったことでしょう。


殉教者の姿に絶叫するロドリゴ神父

小説「沈黙」が海外で高い評価を受けるようになった一つの理由として
グレアム・グリーンの存在があります。

「第三の男」などの代表作があるイギリスの小説家グレアム・グリーンは
英訳された「沈黙」を読み、その年度のベスト3の1つに挙げています。

第一次世界大戦後にイギリス国教会からカトリックに改宗したグリーンは
「沈黙」をいち早く認めて
遠藤周作氏に対して作品を絶賛する手紙を送るだけでなく、
「20世紀のキリスト教文学で最も重要な作家である」と断言しています。

通辞(浅野忠信)とロドリゴ神父


また小説「沈黙」が海外で高い評価を得ていることは
2009年の英国ガーディアン紙が選ぶ「死ぬまでに読むべき必読小説1000冊リスト」に選出され、
海外の読書好きが投票形式で決定する「日本文学ランキング100」
37位にランクインしていることからもわかります。



英語版の訳者 William Johnston神父(イエズス会)は
遠藤周作氏と深い親交がありました。

私は今は亡きJohnston神父と面識があり、
その優しく温かさに満ちたお人柄を忘れることができません。


「沈黙」は
キリスト教徒であるかないかで違った感想を持たれるでしょうし、
また信者であっても様々な思いを抱かせる小説、映画です。

一度ご覧になる価値のある映画だと思います。



★ご紹介した写真は最初のパンフレット以外は
映画「沈黙‐サイレンス‐」公式HP からお借りしました。



2017年1月9日月曜日

1月の雪

久しぶりに雪が降りました。

庭の雪景色を背景にステンドグラスの写真を撮っていましたら、
ランディに散歩の催促をされました。

ステンドグラス「赤い羽の天使」 20cmx18cm


「散歩、まだかなぁ・・・。お母さん早くしてよ~」(ランディ) 2017.1.9


夫が3日から風邪で寝込んでいますので、
このところランディと二人で散歩に行っています。

庭の雪景色~私の好きな風景です


雪を被った野鳥の餌台

積雪は15㎝弱ですので、大したことはありませんが、
急にランディが鹿を追いかけるので、
私は滑らないよう用心しながら歩きます。

そのため時間もかかり、いつもの倍くらい疲れます・・。

別荘地の雪景色 2017.1.9朝


木にとっては重くて辛そうな雪


別荘地の雪景色

鹿もランディに追いかけられるのをよくわかっていますから、
じっと動かず私達が通り過ぎるのを待っています。

それでもランディが気付きそうになると
甲高い鳴き声を上げて仲間に知らせながら一斉に走り去っていきます。

ランディのリードを放してやったら一気に追いかけるでしょうに・・・

ランディはいつも欲求不満に陥っているんだろうな、と思います。

じっとこちらを見ている鹿

鹿は増えすぎて
20頭くらい群れを成していることもしばしばです。

その可愛らしい瞳を見ると憎めなくなってしまいますが、
木の皮を食べて枯らしてしまうので、困った存在でもあるのです。

鹿対策についてはいろいろ考えられているようですが、
決定打はないようです。


アメリカのイエローストーン国立公園では
アメリカアカシカを捕食するオオカミが絶滅し、
シカが増えすぎて植生に被害が出たため、
オオカミをカナダから輸送して放すことにしました。
その結果、
シカの個体数が減り、植生が増え生物多様性も増えたそうです。


日本でも絶滅しているオオカミの再導入についての提言がありますが、
まだ少数意見であり、同意を得るのは難しいようです。


良い対策が生まれ、鹿と仲良く共存したいものです。



2017年1月1日日曜日

新春


明けましておめでとうございます


ステンドグラスのサンキャッチャー「ハトとオリーブの葉」 310㎜x310㎜



新しい年が皆様にとりまして幸多い年となりますように・・・


そして、平和な一年となりますように・・・


今年もどうぞよろしくお願いいたします。



新春の蓼科山 2017年1月1日