2008年12月23日火曜日

A Happy Christmas !

Wishing you
Christmas happiness
to warm your heart and home
with special joy.




同じ図柄のものを3枚作り、三角錐に組み立てます。3枚は、それぞれ少しずつガラスの色が違います。
1枚自体が大きくて組み立てる時が大変でしたが、完成品も一人では運べません。
少し大きすぎたかなと思いましたが、窓際に飾ると、道行く人が楽しんでくれます。
残念ながら、今年は子犬がいるので、他の場所に飾りました。
絵柄が可愛いので、作っている時も楽しめました。 



2008年12月20日土曜日

ヒイラギのリース


雪に覆われたヒイラギを想像して制作。
当時この色の組み合わせがステンドグラス教室で流行りました。大人っぽいリースで気に入っています。
ヒイラギの白いガラスはアメリカのガラスメーカーブルザイ社のもの、青いリボンはドイツ・ランバーツ社のアンティークガラスです。
この青いガラスは透明なところと青いところが混ざり合って色合いがとても綺麗ですし、アンティーク独特の優しい風合いがあります。
この場合、アンティークガラスとは昔のガラスという意味ではなく、昔のような手法で作られたガラスということで、職人が手吹きで1枚1枚手作りする高級ガラスです。はじめにガラスを巨大なシリンダー状に吹き、これを台の上で開いて板状にします。厚みも一定ではなく、独特なライン模様と気泡が特徴です。
アンティークガラスでないものは、融けたガラスの塊をローラーで伸ばして板状にします。ベース板やローラーの凸凹などを転写できるので、いろいろな面白いテクスチャーをつけることができます。


2008年12月15日月曜日

モザイク「羊飼い」


「聖夜」(モザイク)の次に挑戦したのが「羊飼い」です。同じくガラスのモザイクです。58.5cmx43.5cm(額込み73cmx57.5cm)。
これは私にとっては大作で時間もずいぶんかかりました。
実物は全体にもう少し黄緑がかっています。 
「ギザの月」同様、杉山寧画伯の絵を元に制作しました。杉山画伯の絵はやさしい色合いのとても素敵な絵です。
モザイク画の一部をアップするとこのようになっています↓。


2008年12月12日金曜日

ランディ、そしてクリスマス

12月が知らぬ間に過ぎて行きます。
育児(育犬)に追われていましたが、やっとペースが掴めて来ました。
週末には、独立している息子たちがランディに会いに来て可愛がってくれ、ランディも満足げ。
また、ランディはおもちゃでよく遊びます。
おもちゃを敵に見立てて唸りながら襲いかかったり、口にくわえたり、振り回したり、賑やかです。
その様子は、息子たちが小さい頃、一人でおもちゃ相手に遊んだ「チェンジマンごっこ」そっくりです。
子供の遊びは人間も動物も似たようなものですね。


育犬に追われながら、少しクリスマスらしい飾り付けをしました。
玄関ドアにいつもの大きいリース。
家の中には小さなツリー、サンタ、天使、綺麗なボール(玉飾り)、蝋燭などです。 


↓この「聖夜」は初めて作ったガラスモザイクです。
写真立てを利用して作りました。24cmx19cm (フレーム込29.5cmx24.5cm)の小品です。
山の中の教会に三日月と流れ星。素朴で子供の絵のようなモザイクです。 


↓この十字架はずいぶん前、高島屋のイタリア展で購入したものです。ガラスモザイクでできた十字架といったらいいでしょうか・・・。9.5cm×13cm。

2008年11月27日木曜日

Thanksgiving Day(感謝祭)

今日、11月の第4木曜日はアメリカではThanksgiving Day です。
歴史的ないわれは1620年12月、the May flower 号でイギリスから新大陸アメリカ東海岸に上陸した puritan に遡ります。
彼らは the Pilgrims(ピルグリム)と呼ばれますが、新天地に乗り込んだ時は102名いたものの、寒さをしのぐ住居も食料の調達もおぼつかなくて、春を迎える時にはわずか半数になってしまいました。
その時、ピルグリムを助けたのが Native Americans で、狩猟、魚採り、とうもろこしの栽培などを教えました。
それによって春から夏にかけて一生懸命働いたピルグリムは秋には豊かな収穫を得ることができ、彼らはNative Americans に感謝し、一緒に収穫を祝ったのでした。
それから、この日には、家族、一族が集まり、収穫を祝い、神に感謝し、周囲の人々に感謝する日となりました。
その食卓には、七面鳥やアップルパイ、パンプキンパイなどが用意されるようです。
在米中、お隣の大きな家にはご夫婦が二人で住んでいらしたのですが、Thanksgiving Day になると、お子さんたちが大勢やって来て、お孫さんたちが広い庭で賑やかに遊んでいました。
アメリカのThanksgiving Day は、現在では宗教的、歴史的意味合いは薄れているかもしれませんが、遠く離れて暮らしている家族が集まる日なんだなと実感しました。日本のお正月やお盆のようです。
我が家では七面鳥を焼くことはしませんが、収穫を祝って、せめてフルーツの盛り合わせはいかがでしょう? 


Thanksgiving Day が終わると、いよいよクリスマスの飾りつけ、準備となりますが、我が家では子犬が来たので、今年は大きなクリスマスツリーは飾れそうにありません。

2008年11月25日火曜日

子犬

我が家に子犬がやって来ました。




2008年9月24日生まれのオスです。
愛犬ロッキー(シェルティ)が亡くなってほぼ3年。
やっと次の犬を飼う決心がつき、ボーダーコリーを中心に探し始めていました。
この子を見て、「あっ、この子だ」と思い、夫も同じように思ったらしく、我が家の犬として迎えることにしました。
久しぶりの子育てで、当分忙しくなりそうです。
他の写真はこちらから →Poran


2008年11月24日月曜日

「NYリハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩」

本棚を整理していたら出てきた詩・・・。
アメリカにいる友人が昔メールで送ってくれたものをプリントアウトしたものです。
日本語訳と原文と。
当時はそれなりに知られた詩と思っていましたが、
案外狭い範囲で読まれていた詩なのかもしれません。


~NYリハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩~

大事をなそうとして
力を与えて欲しいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享受しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた


私はあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ


(原文)

~Answered  Prayer~

I asked God for strength,
that I might achieve,
I was made weak,
that I might learn humbly to obey...

I asked for health,
that I might do greater things,
I was given infirmity,
that I might do better things...

I asked for riches,
that I might be happy,
I was given poverty,
that I might be wise...

I asked for power,
that I might have the praise of men,
I was given weakness,
that I might feel the need of God...

I asked for all things,
that I might enjoy life,
I was given life,
that I might enjoy all things...

I got nothing that I asked for,
but everythings I had hope for.
Almost despite myself,
my unspoken prayers were answered.

I am among all men most richly blessed.

~Unknown Confederate Soldier HERITAGE~





2008年11月16日日曜日

りんごの赤ワイン煮


毎年紅玉が出回る頃、アップルパイやりんごの赤ワイン煮を作ります。
紅玉が終わった今、「秋映(あきばえ)」というりんごを使って赤ワイン煮を作りました。
「秋映」は固めで甘酸っぱく、昔のりんごを思わせ、美味しい懐かしい味です。
私はアルコールに弱いのですが、こういうものは大丈夫で、しっかりワインが滲み込んだ方が好きです。
ウィリアム・モリスのコーヒーカップと自作のガラス皿で。
生クリームをかけ、アーモンドクラムを散らしていただきます。
ワインがよく滲みこんだ方が美味しいのですが、色は黒っぽくなります。(上の写真)
綺麗なワイン色を出したければ早めに引き上げます。(下の写真)

image from www.flickr.com りんごの赤ワイン煮 自作のお皿12cmx12cm

2008年11月15日土曜日

「ボストン美術館 浮世絵名品展」


11月13日(木)はやっとお天気が良くなったので、下町の月島へ行き、もんじゃ焼を食べてきました。
東京育ちの私ですが月島は初めてで、銀座まではよく行っていたのにその先に足を延ばすチャンスがありませんでした。
隅田川沿いにはタワーマンションが林立していますが、しゃれた公園もあり、川沿いの歩道も綺麗でなかなかいい雰囲気でした。


月島までの地下鉄は落書きもゴミもなく、パリのメトロとの違いを改めて感じました。


月島の次は一番の目的である「ボストン美術館 浮世絵名品展」(両国の江戸東京博物館)に行って来ました。
とても人気があってすごく混んでいると聞いていたので心配していましたが、やはり館内は平日なのに混んでいました。
浮世絵ですので絵は小さいですし、それぞれに丁寧に説明がついていて、どうしても近くで見たくなります。
皆、壁に沿ってゆっくり進みます。目も腰も疲れ、ソファーで休む人が多かったですね。
展示内容は、5万点を所蔵するというボストン美術館の浮世絵版画と肉筆画の中から第1級の作品のみを厳選したというだけあって、豪華なものでした。
みな保存状態がとてもよく、200年以上も前のものとは思えません。
作品も髪の生え際の1本1本がはっきりわかるほど緻密で繊細な出来栄えでした。当時の版画師の技術の高さに驚きます。
それぞれお好みがあるでしょうが、やはりポスターに使われただけあって、歌川国政の「市川鰕蔵の暫」はステキでした。


東洲斎写楽の「二代目嵐龍蔵の金貸石部金吉」、葛飾北斎の「冨嶽三十六景 山下白雨」などがすぐ目に飛び込んできました。よく見かける絵ですが、やはりいいですねー。






静岡は主人の故郷ですので、丸子(まりこ)の丁子屋には時々とろろご飯を食べに行ったことがあり、広重の東海道五十三次のこの絵には親しみが湧きます。 

また、北斎が「百人一首宇波かゑとき 」と題し、唐に残された安倍仲麿を描いていました。
安倍仲麿(698-770)は奈良時代717年留学生として20歳で唐に渡り、科挙に合格して唐朝の官吏となります。
なかなか帰国を許されませんでしたが、やっと753年帰国の途についたものの、暴風に遭って安南(ベトナム)に漂着、再び唐に戻ります。
結局帰国を果たせぬまま在唐50余年、唐土に骨を埋めます(73歳)。
母国を想って歌った、「天の原ふりさけみれば春日なる三笠の山に出でし月かも」。
百人一首でお馴染みの歌です。この歌が浮世絵に書かれていました。
私の母方の家系が百人一首好きで、私の実家もお正月は必ず百人一首で遊びました。
母が亡くなって7年。百人一首といえば母、というのが私達の思い出でしょうか。
それで浮世絵に百人一首が書かれていたのが印象に残りました。

「浮世絵展」を見終わって、朝からの疲れが出て無性に甘いものが食べたくて仕方ありません。
甘味処を探してもなかなかありません。しゃれたコーヒーショップやケーキ屋さんは沢山あるのに・・・。
やっと見つけた新宿高島屋の「鶴屋吉信」のちょっとした喫茶コーナーでおぜんざいをいただき、満足。
その後下北沢で「静岡おでん」を食べて、帰宅しました。
長い一日でした。 



2008年11月1日土曜日

山の夕暮れ


今日見た夕暮れです。
横谷観音展望台より中央アルプスと茅野市街を望む。


これは一昨日見た晩秋の蓼科です。もう冬が待っています。



2008年10月30日木曜日

New Orleans


米国に滞在中の1995年、子供たちが夏休み中に4週間のサマーキャンプに行ってる間、夫婦で Louisiana 州のNew Orleans に行って来ました。
私にとっては初めてのアメリカ南部。New Jersey 州 の Newark 空港から約3時間でした。




New Orleans の French Quarter はミシシッピ川に面した旧市街で、18世紀初頭にフランス人によって築かれた街です。
狭い街路のところどころに昔ながらの石畳や古い街灯が残っており、多くの建物の2階にバルコニーがあったりして南欧風の造りになっています。
その中の Bourbon Street はデキシーランド・ジャズで有名な Street でオイスター・バーやナイトクラブが集まっていました。
有名なクレオール料理(植民地時代に移住したスペイン人・フランス人の子孫をクレオール Creole と呼ぶ)も食べました。
食後、皆、お酒を片手にジャズのはしごをしています。


私たちも何軒かのお店に入って聴きましたが、その中にじっくり聴かせるお店があり、二晩続けて通いました。(上の写真) 
初老のジャズメンの演奏は味があってなかなかいいものでした。
2005年のハリケーン・カトリーナで French Quarter が壊滅的な被害を受けたというTVニュースを見て、「あの街が・・・・」とショックでした

2008年10月25日土曜日

ランプ Dragonfly


ステンドグラスを作っていると、いつかはトンボ(Dragonfly)のランプを作ってみたいと思うようになります。
初めはトンボや魚などはグロテスクで嫌だと思っていましたが・・・。
このランプで気をつける作業といえば、トンボの翅(はね)です。
トンボの形にカットしたガラス(オレンジと赤)の上に、トンボの形をしたフィリグリーという金属をのせハンダ付けします。
翅の部分は細かい網状になっているので、注意しないとハンダが隙間に落ち、綺麗な網状になりません。
それと平面状のガラスを球体に張り付けるわけですので、どうしても無理が生じます。
特に長い翅は球体から飛び出てしまいます。
飛び出た翅と背景(青)をつなげるハンダは壁のように厚くなります。
ハンダを重ねていく時、下のハンダが溶けて落ちるのを気をつけながら仕上げていきます。
この2点が少し骨の折れる作業となります。
背景の青いガラスはウロボロス (Uroboros) で、1枚のガラスです。1枚の中にこれだけの色が混ざり合っています。
これもリップル(ripple glass) の激しいガラスで、カット、カッパーテープ巻きに時間がかかりました。 


2008年10月20日月曜日

美ヶ原高原

image from www.flickr.com 08.10.20 美ヶ原高原

今日、山荘から車で1時間半ほどのところにある美ヶ原高原まで行って来ました。
美ヶ原高原は子供達が小さい頃、夏休みに行ったことがあり、その時は牛がたくさん放牧されていましたが、今日は馬が3頭のんびり草を食んでいるだけでした。 
カラマツもかなり山吹色になっており、晩秋の趣きがあります。

2008年10月19日日曜日

ギザの月 (ガラスモザイク)


行ってみたい国がたくさんあります。
エジプトもその一つ。 
杉山寧画伯の画集を見た時に強く魅かれた絵があり、それを元にガラスを小さくカットしてモザイクを作りました。
「ギザの月」です。
エジプトのギザの砂漠にある3つのピラミッドは、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の墓です。
一番大きいものが紀元前26世紀に在位していたクフ王の墓です。
青い夜空と黒いピラミッド。月明かりに照らされた砂漠の中の道。
4000年以上の時を経てなお悠然とそびえるピラミッド。
古都ルクソール、アブ・シンベル大宮殿、オールドカイロにあるコプト博物館など見たい所はたくさんあります。
エジプトへ行った人に感想を聞くと、両極端の意見。
私はどちらの感想を持つのか、興味深い。
キリスト教・イスラム教の歴史的建造物が共存しているエジプトにいつか行ってみたいですね・・・。



そのエジプトに次男が大学卒業直前に友人と行き、パピルスを買ってきてくれました。
綺麗な絵が描かれていてなかなか素敵です。
くるくる丸められて筒に入っていたので、さっそく額に入れたらぐっと見栄えがよくなりました。 

海外旅行は子供に先を越されてしまいます。



2008年10月14日火曜日

ガラスモザイク 「里山」


蓼科の自然は、四季それぞれ趣きを変えて私たちを迎えてくれます。
一日一時間ごとに若草色が増して行く春、 祈りに似た気持ちを抱いてしまう無音でまっ白な冬、
そして時間が止まって欲しいと願う秋。
広葉樹が赤・黄と色を変えハラハラと散り落ちるのを追いかけるように、カラマツが黄色に染まっていきます。
そんな里山の秋をガラスモザイクに閉じ込めました。
単純なガラスの形に秋色を配し、少しでも長く蓼科の秋を楽しみたいと願って・・・。

2008年10月11日土曜日

バラクラ イングリッシュガーデン


昨日 紅葉見物の帰りに近くの「バラクラ イングリッシュガーデン」に行って来ました。
ちょうど「ハーベスト・フェスティバル」というのをやっていて、「実りの秋のハーベストディスプレイ」があったり、「アーツ&クラフト」と銘打っていろいろなお店が出ていました。
平日にもかかわらず、人が多いので、ちょっとびっくり。
音楽のする方を覗いたら、ちょうどケイ山田(バラクラのオーナー)のファッションショーが行われていました。
あーそれで、おしゃれをしたおば様たちが多かったんだと納得。
私たちはと言えば、ジーンズにボタンダウンのシャツ、それにスニーカー・・・・。

綺麗なダリアや庭園を見て、出口で下伊那から来ていた農園の人から「南水(なんすい)」という梨を買って帰りました。
この梨は初めて食べるものですが、とても甘くジューシーですごく美味しかったです。

 名前はわかりませんでしたが、綺麗な薄青い花がたくさん咲いていました。 






2008年10月9日木曜日

錦秋

 


このところ曇りが続いていたのですが、今日の午後やっと少し晴れてきたので、蓼科スカイラインを走って、蓼科山の東側の大河原峠近くまで行って来ました。
大河原峠手前3kmほどの所に「トキンの岩」という所があったので車から降りて上ってみました。
5分ほどで巨大な岩の頂上に着きます。
怖がりの私は途中で止めるとか騒いだので5分ほどかかりましたが、男の人なら3分くらいで行けます。
帰りはずるずる落ちそうでもっと怖く、スキーのボーゲンよろしく、大きくUカーブを描いて下りてきました。
しかし頂上から見る景色は絶景でした。
標高2000mくらいあるのでしょうか、紅葉が進んでいて、赤・黄・緑のコントラストが素晴らしく、登った甲斐がありました。
山の上空は雲が流れ、霧も動き、その霧の晴れ間を狙って夫が写真を撮りました。