2018年5月21日月曜日

コナシの花

夏のように暑かったり
コートが必要な寒さになったり、気候が落ち着きません。

昨日、今日は青空が広がり、
気温は低めですが、気持ちの良いお天気です。

別荘地内を散歩をしていても心地よく、
新緑の美しさを満喫しています。

新緑の別荘地


桜の後はコナシ(ズミ)の花が咲き始めます。

標高1,600mの我が家周辺は
蕾のものや満開のものなど様々です。

コナシの花~薄いピンクの可愛らしい蕾もあります


この時期は白い可憐な花が沢山咲き、
秋には赤い小さな実をいっぱいつけます。

白く小さな花が次から次へと咲きます・・・コナシ=バラ科リンゴ属


濃淡の緑の森に
白いコナシの花や
ミヤマツツジが色を添えます。

蓼科の四季折々の美しさに
今更ながら感激している私です。

緑の中のミヤマツツジ・・・薄紫色が綺麗です


散歩の後は
クリームチーズタルトを頂きました。

クリームチーズタルト


これからの季節にぴったりの
ブルーの水玉のお皿にのせました。

青い水玉のお皿  123mmx123mm




2018年4月22日日曜日

ガラスの壁掛け~「春」

今年は桜の開花が早く、
既に葉桜になっている所が多いことでしょう。

ここ蓼科の聖光寺の桜は
例年は5月の連休が見頃になるのですが、今年は既に満開となりました。

標高1,600mの山荘周辺も少しづつ新緑の季節に移りつつあります。

葉を落とし枯れ木のような寂しい姿の木々が
少しずつ芽吹き、
柔らかいふわふわした葉を茂らせていきます。

そんなぼんやりとしながら色を増していく優しい春の風景を
ガラスと毛糸で表現してみました。

226㎜x150㎜


前回ご紹介したガラスの壁掛け~「桜のある風景」と同じく、
板にガラスや本物の木の枝、毛糸を貼り付けました。








殺風景な山の景色も、
この壁飾りのような明るくカラフルな季節へと移行中です。

教会の十字架も本物の木の枝で作りました





2018年3月3日土曜日

ガラスの壁掛け~桜のある風景

久しぶりにガラス作品を作りました。

今までと違った作り方で新しい作品を作りたいと思い、
板にガラスを貼り付けて桜のある風景に仕上げました。

長く寒い冬の日を過ごしていますと、
春が待ち遠しくて仕方ありません。

待ちわびた春には桜がぴったりです。


226mm x150mm


白くペイントした板に
軽く焼いて丸みをつけたガラスを貼り付け、
桜の幹や枝は本物の木を使いました。




今までのガラスだけを使った作品作りとは違い、
色々な材質のものを組み合わせる楽しさがあります。




眺めていているだけで春が来たような気持ちになれます。
私にとって心休まる一枚となりました。