2009年11月17日火曜日

確かに・・・

JR中央線茅野駅に隣接している茅野市民館は2007年に日本建築学会賞を受賞したモダンなデザインの建物です。
2階にある図書室は大きな窓に囲まれた明るい空間で、そのカフェのようなおしゃれな図書室からプラットホームが見下ろせます。


蔵書はあまり多くないのですが、信州に関する本など、見ていて楽しい本があるので時々立ち寄ります。
先日その図書館から借りてきた宮本輝の小説「約束の冬」に引用されていたシラーの言葉・・・
  
『未来はためらいつつ近づき、
現在は矢のようにはやく飛び去り、 
過去は永久に静かに立っている』 (※)
  

確かに、 
私の未来も、今、ためらいつつ近づいている・・・

(※) この言葉は『時の歩みは三重である。…』に続くもので、孔子の書いた「論語」の中の言葉を自分の好みで解釈して、詩の題としたという説もあるそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿