2014年4月3日木曜日

「アナと雪の女王」

ディズニー映画 「アナと雪の女王」 (字幕版)を観てきました。


春休みではあっても
子供たちは吹き替え版を観るでしょうから
字幕版は空いているのでは?と思ったのは大間違い。

吹き替え版のチケットが完売したこともあってか、
3時からの上映は満席に近い状態でした。

いつもガラガラのシネコンばかり経験しているので吃驚しました。
それだけこの映画の人気が高いということでしょう。


「アナと雪の女王」HPより



「アナと雪の女王」は
本年度アカデミー賞で「長編アニメーション賞」と「主題歌賞」を受賞した作品です。 


その主題歌に惹かれ、
新聞やネットで評判を見ていたのですが、
その高評価に違わずとても良く出来た映画でした。


映像の美しさ、
主題歌賞を獲得した「Let It Go」、
ストーリーの結末、
どれをとっても
大人にも十分楽しめるものでした。




王家の美しい姉妹、エルサとアナ。
触れるものを凍らせる魔力を持つ姉のエルサは妹アナを傷つけることを恐れ、
自分の世界に閉じこもって生きてきました。


思いもよらずアナの胸を刺してしまったエルサの氷。
その氷は「真実の愛」でしか融かすことができません。

アナを取り巻くハンス王子と山男クリストフ。


さてその「真実の愛」とは・・・


お勧めの映画です。




0 件のコメント:

コメントを投稿