2017年7月24日月曜日

鹿児島睦さんの器

今私が通っている歯医者さんの待合室で
「MOE」という雑誌を目にしました。

初めて見る本ですが、
表紙の「はらぺこあおむし」という文字に惹かれて手に取りました。

エリック・カールの有名な「はらぺこあおむし」の絵本展が
7月2日まで東京の世田谷美術館で開催されており、
東京都美術館では「ブリューゲルのバベルの塔展」が
同じ日までありましたので、
私は
両方を見に行くつもりでずっと計画していたのですが、
結局様々な用事で行けなくなり、がっかりしていました。

そんなこともあり、
この本を手に取りパラパラとページをめくっていたのですが、
鹿児島睦(かごしままこと)さんの食器の紹介記事が載っていましたので、
もっと詳しく読みたいと思い、
Amzonでこの「MOE」を購入しました。

「はらぺこあおむし」にまつわる様々なお話や
エリック・カールへのインタビュー記事などをゆっくり読むことができましたし、
昔子供たちに読み聞かせていた懐かしい絵本の誕生秘話などもあり、
興味深い内容でした。


「MOE」2017年8月号


そして今日ご紹介したいのは
鹿児島睦さんの作品です。

下の写真の黒地に花や動物がいっぱい描かれているお皿は
とても素敵で可愛らしく
私好みです。

食器は無地で白いものが
お料理が映えて一番美味しく見えるということは
重々分かっているのですが、
私は物語のある器が好きなので、
鹿児島さんの作品に魅かれます。



生まれ育った福岡で制作を続けていらっしゃる陶芸家です。
今は日本国内だけでなく、
ロンドン、ロサンゼルス、台北のギャラリーで定期的に個展を開催し、
多くのファンがいらっしゃるアーティストです。

スウェーデンの陶磁器メーカー「グスタフスベリ」とのコラボ作品 Aprilシリーズ


陶芸品だけではなく、
ポスターや木版ハンカチなど様々な作品があります。

どれも手元にあったら楽しい!と思わせるものです。




そしてこのような個性的なお皿になにをのせたいと思いますか?

そのヒントになりそうな本が
10人の料理家と鹿児島さんの器のコラボレーション絵本「なにのせる?」です。

私はまだ読んでいませんので、是非見てみたいと思っています。

動物たちが潜んでいる器に料理家が何をのせるでしょう・・
絵本「なにのせる?」



★ご紹介した写真は全て「MOE」8月号より




0 件のコメント:

コメントを投稿