2014年6月9日月曜日

サラダボウル

毎日雨が降り続いていますが、
庭の日本スズランが咲き始めました。

スズランは去年初めて花をつけましたが、
結局一株しか咲かず、喜び半分がっかり半分でした。

今年もこの調子ですと一株しか花が咲きそうにありません。
葉はあちこち沢山出ているのですが・・・

それでもいじらしいほど小さな花を見ていると、
あの分厚い雪の中を耐えて咲いてくれて有難う!という気持ちです。

庭の日本スズラン 2014.6.9



今日はサラダボウルが焼き上がりました。

私はほとんどの器を
デザインのバリエーション、丈夫さの観点から
ガラスを2枚重ねて作りますので、
ぽったりした厚みのある器となります。

その分丈夫で、
硬い石のような所に落とせば壊れますが、
板の床に落としても割れません。

今回は
少し軽めに、しかし丈夫さは損なわない様に
作ってみました。

サラダボウル・・・直径185㎜、リム20㎜、重さ350g


その結果、
通常の作り方のサラダボウルより
90g軽く出来上がりました。

( 通常の作り方で作ったもの⇒ブラウンのサラダボウル ・ 白いサラダボウル )


高さは35㎜ありますので
横から見るとこんな感じです。↓

横から見ると・・・高さ35㎜


型の名称は「サラダボウル」ですが、
サラダはもちろん
シリアルやメロンなどのフルーツを盛るのに最適です。


大好きなフルーツグラノーラを入れてみました。

フルーツグラノーラを入れて・・・2014.6.9


今回は
半透明の乳白色と無色透明のクリアガラス、
不透明の空色のガラスを使いましたが、
次回は違う雰囲気のサラダボウルを作ってみたいと思います。



4 件のコメント:

  1. ぽってりと厚みのあるガラスのサラダボール、
    クリアガラスの部分から、レースの青が透けて見えるところが素敵ですね!
    茶色のサラダボール、白のサラダボールも見せていただきました。
    どれもモダンなデザインですが、温かみのある質感で何を盛っても
    おいしそうに見えます。深すぎず、浅過ぎず。使い勝手もよさそうです。
    リムの部分のわずかな曲線が素敵なアクセントですね。

    形のあるものを作ることは、私などには思いもよらぬご苦労があることでしょう。
    でもその分、出来上がったときの喜びもひとしおなのでしょうね。
    機会がありましたら、実物を見せていただけたら、と思います。

    追伸  
    我が家の鈴蘭はいつの間にか絶えてしまいました。
    鈴蘭は木陰が好きということで、コブシの木の下に植えたのですが、
    木が大きくなりすぎて、完全な日陰になってしまいました。
    木陰が好きとはいえ、全く陽が差さないところでは、やっぱり元気に育ちません。
    可愛そうなことをしました。

    返信削除
    返信
    1. aosta様、
      私が作るガラスの器は重さがありますので、小さいものは良いのですが、大皿は日常使うのが億劫になってしまいます。以前はそれでも良かったのですが、歳を取ると洗ったり出し入れしたりするのがだんだん苦になって・・・。教室に通っていた頃は、大皿を何枚か作ったのですが、今は食器棚の中で眠っています(@_@;) 二人暮らしでは大皿の登場があまりないということもありますが・・・。また、教室では強度を考慮し、薄いものを作ることはありませんでした。先生の方針だったのでしょう。

      昨年は近くでグループ展を初めてしましたが、今年は予定がありません。実物を見て頂く機会を設けたいとは思っているのですが・・・。お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。

      我が家は標高1600mにあり、その上、沢山のカラマツのため日当たりが悪く花が咲きませんし、折角咲いても鹿にも食べられてしまいます。そんな中スズランが自然に生えてきました。 そして一昨年富士見パノラマリゾートでもらった白花あやめとチャボカンゾウは今年咲いてくれました。 あとは水仙くらいでしょうか・・。山の生活を満喫していますが、花を植えても咲き続けてくれないのが、寂しいです。殺風景な庭となっています(-_-;)

      aostaさんのお庭はいろいろなお花が美しい姿を見せてくれますね。羨ましい限りです。
      これからもお庭の様子、楽しみに拝見させて頂きます。

      削除
  2. 丁寧なお返事、ありがとうございます。
    我が家は1200mくらいです。
    標高差によって育つ植物育たない植物がありますが、1000mは一つの境界のような気がします。
    その上はやはり1200mでしょうか。
    1600というとかなり高いですね。
    一般的な植物が育つには限界に近いかもしれませんが、耐寒性の強い宿根もいくつかありますから
    お試しになる価値はあるかと思います。友人は1500mの庭で楽しんでいるようです。

    グループ展の予定がないと伺い残念です。
    何かありましたら教えてくださいね。

    返信削除
    返信
    1. aosta様、
      私の知り合いは1100m位いの別荘地でイングリッシュガーデン風に庭を整え、楽しんでいますが、私達夫婦はどちらもそいういうセンスがなく、思いついた花木を買ってきては枯らしています。そして何もない庭で「自然に生えてきたものだけでいいか・・・」とあきらめ顔です(-_-;)

      削除