2013年8月26日月曜日

タンゴ

早いもので、「蓼科中央高原グループ作品展」終了から1週間が経ちました。
気候も秋へと移り始めているのか、昨日から肌寒いくらいです。

作品展が終わったら何もせずぼんやり過ごそうと思っていたのですが、
二日も過ぎるとガラスを触りはじめ、
次の課題の試作を始めています。

今までの作品は作品展で少し売れ、
webshop  の kokoshi cafe さんでも売れているようです。
ショップHPでは
トップページのPick up artist に betty's glass を取り上げて下さっています。

バブルのお皿・・・直径約200㎜ by Poran111

ブラウンのお皿② by Poran111
作品展ではお皿(上の二つの写真)や箸置き等が売れました


白いセット by Poran111
kokoshi cafe さんでは赤いバブルや白いお皿とそのグラスがお客様のもとへ・・・


またハンドメイドサイトの Creema でも少しずつ売れ、
そのweb上のギャラリーが寂しくなってきました。
早く新しい作品をアップしなければと、少々焦っているのですが、
次の課題~ギフトカタログに出品する見本で頭がいっぱいです。

これはweb上のギフトカタログから
お客様にプレゼント用の商品を選んで頂くシステムで、
そのショップを準備中の方から頂いたお話です。
初めはウェディング関係の店舗を中心にカタログを紹介し、
注文はweb上のみということでした。

9月末までには作品を発送して
採用されれば11月頃、そのギフトカタログに載るそうです。

モノクロ水玉のお皿 by Poran111

チェックのお皿 by Poran111

モザイクのお皿① by Poran111
Creemaでも少しずつお嫁に行きました(上の3枚はその一部です)・・・


そんなガラス三昧の毎日ですが、
昨日は茅野市民館で開催されたタンゴのコンサートに行って来ました。
出演者は
東京芸大卒の若い三人組です。
バイオリン、ピアノ、バンドネオンで
コンチネンタルタンゴとアルゼンチンタンゴを演奏してくれました。


「至極のタンゴ」サンフレチェスTOKYO (茅野市民館コンサートホール)パンフレット by Poran111


私が子供の頃、
10歳上の姉がタンゴが大好きでよくLPをかけていましたので、
タンゴは懐かしい音楽です。

「ジェラシー」や「ラ・クンパルシータ」など
何度聴いたことでしょう。

今回は「チケ(裏切り)」、バラードの「オブリビオン(忘却)」や
名曲「リベルタンゴ」も聴けて
久々に日常から離れた世界を楽しむことが出来ました。

会場が近く、料金も良心的な設定、演目が親しみやすいタンゴということもあってか、
会場は満席、近隣の別荘族の方が多くいらしていました。

こういう娯楽がもっとあると
山での生活が楽しくなることでしょう。


2 件のコメント:

  1. charanさん、

    今年の夏はお孫さんとお嫁さんのお世話、グループ展への出品などアクティブに過ごされたのですね。少し休養されるのかと思いましたが、もう次の作品作りへ始動。すごいですね!
    茅野でタンゴのコンサートを楽しまれたとのこと、タンゴは情熱的で切なくて、夏の夜にぴったりだった事でしょう。

    私は今夏は東京の家での用事に拘束され、ほとんど蓼科で過ごせませんでした。次に蓼科に行くときは既に秋の景色になっている事でしょう。

    返信削除
    返信
    1. Angelaさん、おはようございます。

      Angelaさんはこの夏は東京だったのですね。。今年は別荘地は賑やかでした。この暑さですので、長逗留されている方が多いようです。

      私は今年はいろいろな出来事が多く、そういう年回りのようです。

      今夏は特別の暑さでしたので、夏の終わりに疲れが出るかもしれません。
      Angelaさん、どうぞお体にお気をつけてお過ごしください。

      削除