2015年11月28日土曜日

ガラスのハト

私は20年近く前にステンドグラスを習い始めましたが、
その頃ハトのサンキャッチャーを作りました。

当時のものは引っ越しの際に歪みましたので捨ててしまいました。

今手元にあるものはその後作り直したものです。

ステンドグラスのサンキャッチャー「ハトとオリーブの葉」 310㎜x310㎜


もう一度作り直したほど好きなハトのステンドグラスだったので、
いつかフュージングでも作ってみたいと思っていました。

今回クリスマスオーナメントを作り始めて
最後の方で小さな可愛らしいハトを作りました。

それは丸くてぽったりした感じのハトです。
クリスマスですので、
お子さんにも楽しんでもらえるようなオーナメントにしました。

ハトのオーナメント(A) 80㎜x55㎜


次に少しエレガントなハトを作りました。
私の好きなステンドグラスのハトを目指したのですが・・・

ハトのオーナメント(B) 83㎜x62㎜

電気炉でガラスを焼いて作るフュージングでは
ガラスが熔けて角が丸くなるので、
ステンドグラスのようなシャープさや優雅なカーブが出ません。



焼く前のガラスカットの段階では
かなりステンドグラス風だったのですが・・・

まぁこれはこれで柔らかな優しいハトができたと思っています。

そして電気炉で焼くハトはガラスの厚みがあり
しっかりしていますので、丈夫です。



ステンドグラスとフュージング、
それぞれ良さがありますので、その良さを生かして次の制作に励みたいと思います。


さて、
来週から3歳の可愛い孫娘が我が家にやってきます。

初めての一人でのお泊りで、
1週間の予定です。

ランディと遊ぶのを楽しみにしているとか・・
賑やかな毎日になりそうです(^_-)-☆



0 件のコメント:

コメントを投稿