2016年6月17日金曜日

帰国しました

私は夫と一緒に
6月6日から北スペインとポルトガルのツアーに参加していましたが、
一昨日6月15日に無事帰国しました。

帰国の飛行機は
当初パリ経由のエールフランスの予定でしたが、
パイロットのストライキで
急遽ローマまでポルトガル航空、
ローマからはアリタリア航空で帰って来ました。

初めて乗ったTAPポルトガル航空機~リスボンの空港にて 2016.6.14


10日間の日程の内、観光は正味7日間の旅でしたが、
中身の濃い盛り沢山のツアーでした。

北スペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラでは大聖堂のミサにあずかり、
ボタフメイロ(大香炉振り)を目の前で見ましたし、
最後のリスボンの夜は
ポルトガルの民族歌謡ファドの調べに酔いしれました。

乗り換え地ローマのレオナルド・ダ・ヴィンチ空港近く 2016.6.14


「情熱のスペイン」に対し、
「郷愁のポルトガル」と表現されるポルトガルは
旅情あふれる落ち着いた、そして日本人にしっくりくる国でした。
私はすっかりポルトガルのファンになりました。


今は毎日旅の洗濯物に追われていますが、
少しずつ写真を整理して
ゆっくり旅日記を書きたいと思っています。

ブルゴス大聖堂のバラ窓~北スペイン 2016.6.7



2 件のコメント:

  1. charanさんお帰りなさい。
    ご主人との旅いいですね。ポルトガルは私も行ったことがあるので旅行記楽しみにしております。
    ポルトガルは私ももう一度行きたい国です。

    返信削除
  2. dorinさんもポルトガルに行かれたんですね!
    ポルトガルは前から行ってみたいと思っていたのですが、長いフライトに疲れを感じていたので躊躇していました。でも沢山の国を旅行した人たちに「ポルトガルが良かった!」と聞き、決心して早めに行くことにしました。
    ポルトガルは思った以上に良かったです。フランスやイタリアのような豪華なカテドラルやステンドグラスは少なかったですが、他の良さがありましたし、海の幸や味付けなど食の分野でも日本人に合う気がします。お店の人も素朴でシャイな感じで好感が持てました。
    ゆっくり旅したい国ですね。もう一度行きたいです。

    返信削除