2012年11月23日金曜日

ステンドグラス制作中

今日は朝から雨でした。

連休の初日、生憎のお天気ですが、
明日はいいお天気になるそうです。

昼過ぎから霧が立ち込めてきました。

霧が立ち込めて・・2012.11.23 by Poran111


どんどん濃くなっていきます。


だんだん霧が濃くなります・・2012.11.23 by Poran111


こんな日は家での仕事が捗ります。
それで
クリスマス用のステンドグラスの作業をすることにしました。

毎年クリスマスに向けて何か作りたいと思うのですが、
いつも他の事を優先してしまって
ステンドグラスまで手が回りません。
今年こそは
ポインセチアのパネルを作ろうと思います。

同じデザインのものを10年ほど前に作りましたが、
ステンドグラス教室の作品展で販売して、手元にはありません。

約30cmx40cm、94ピースの作品ですので
クリスマスまでには間に合うと思うのですが・・・


時々ステンドグラスについて
「ガラスに色を塗るのですか?」と聞かれますが、
元々色や模様がついた板ガラス(約30cm角)を使います。

ステンドグラスのガラスは沢山の種類があって
選ぶのに迷うのですが、
今回は家にストックしてあったものから選びました。


カットする前のガラス by Poran111


板ガラスに小さくカットしたピースの型紙を貼り付け、
ガラスカッターで切り取っていきます。↓

カットしたガラス① by Poran111


今日はここまでの作業で終了しました。
この頃には霧も晴れてきました。


カットしたガラスは次の作業まで引出しにしまって置きます by Poran111

今回のピースは小さいので
上のような引出しに色別に仕舞っておきます。

この後、
型紙ぴったりの形に
機械(グラインダー=ルーター)で削ります。

それから銅のテープを巻き、
ピース同士をハンダでくっつけ
ジグソーパズルのように
1枚の絵に仕上げます。

仕上がりは下の図面のような絵になります。


「ポインセチア」の図面 by Poran111


ステンドグラスの制作は
「チューリップのパネル」 以来、約2年半ぶりになります。


2 件のコメント:

  1. charanさん、

    11月もそろそろ終わりに近づき、年の瀬、クリスマスが近づいてきましたね。ポインセチアのステンドグラスは完成したらcharanさんのお宅のクリスマスを華やかに彩る事でしょう。ステンドグラスの制作過程を読むと、思いのほか男性的な作業が多いのですね。型紙や色の取り合わせには繊細なセンスが必要で、制作には大工さんのような作業も必要であり。。ガラスの作品が出来るまでには色々な工程があるのですね。私は今年のポインセチアはピンクにするか赤にするか、お花屋さんの前で悩みそうです。

    返信削除
    返信
    1. Angelaさん、
      本当に12月がすぐそこまで来てしまいました~ 季節ごとのイベントで生活にメリハリをつけたいのですが、実際は何となく日が過ぎて行ってしまいます。せめてクリスマスくらいは雰囲気を楽しもうと思っていますが・・・
      ご指摘の通り、ステンドグラス制作は男性向きですね。ガラスを切ったりハンダ付けをしたり・・概して男性はお上手です。
      ステンドグラスは制作工程が沢山あり手間がかかります。常に手を動かしています。その分、出来上がった時の嬉しさは格別ですね。
      私は久しぶりに作っているせいか、歳で鈍くなったのか、今指はバンドエイドだらけです(;一_一)
      ポインセチアはいろいろな色がありますね。昔は赤のイメージしかなかったのですが、ピンクやまだら模様など・・白いものはわざと赤くさせないようにしているのでしょうか・・。
      ポインセチア選び、楽しいですね。

      削除