2008年9月14日日曜日

フランス・ロンドン旅行~ロンドン(4)



ウェストミンスター寺院を出た後、サンドウィッチを買って遅いランチを船着き場で食べ、テムズ河クルーズに乗りました。
船上から見るロンドンの街もまた趣が違っていいものでした。
たまたま大きな帆船を通すために橋が上がっていたタワーブリッジ の下を通ることもでき、いい思い出ができました。


テムズ河クルーズが終わった後は、地下鉄の駅まで歩きながら街を見学しました。
ホース・ガーズ(Horse Guardsは近衛騎兵隊の司令部ですが、意外なことに騎兵隊員が記念撮影に応じてくれます。
2か所に一人ずつ立っていましたが、撮影中も表情ひとつ変えず、大勢の観光客の相手をしてくれました。
私も恥ずかしさをこらえて一緒に写真を撮って来ました・・・・
  

翌7月20日はチェックアウト後、ホテルに荷物を預けてウェストミンスター大聖堂(Westminster Cathedralに行きました。
こちらは英国カトリック教会の総本山です。
ウェストミンスター寺院と別のスタイルにするために、イタリア建築からヒントを得て赤れんが造りになりました。

ここも内部の撮影が禁止でした。


壁と天井にはモザイクが施され、荘厳な雰囲気です。修理中の部分もあり、寄付を募るパンフレットが置いてありました。
少ししてミサが始まり、多くの人がミサにあずかっていました。
1982年、ローマ法王ヨハネ・パウロ2世がここでミサをたてています。

この後、バッキンガム宮殿(Buckingham Palaceに行き、近衛兵の交替を見ました。


やっと見られた近衛兵はおもちゃの兵隊のようで、とても可愛かったです。
近衛兵は普段はイラクなどに派遣されており、1ヶ月間だけ宮殿警備の任務に当たるそうです。
2泊3日のロンドンはとても心残りで、いつの日か再び訪れたいと思いました。
ホテルに戻り荷物を受取って、ヒースロー空港から午後遅い便で成田へと出発し、私たちの24日間にわたるフランス・ロンドン旅行は幕を下ろしました。



0 件のコメント:

コメントを投稿