2016年2月11日木曜日

キューバ旅行記 (5)シエンフエゴス

ツアー3日目となる1月26日は
ハバナから約250Kmのところにあるシエンフエゴスの街に向かいました。

ハバナは大西洋に面した街ですが、
シエンフエゴスとその次に行くトリニダーはカリブ海側の街です。

ハバナからシエンフエゴスへ出発 2016.1.26


高速道路も走りましたが、
分離帯も道路照明もありません。

サトウキビ畑が続く


サトウキビ畑が続く一帯があったり、
高速道路すぐそばに牛、馬、ヤギなどが放牧され、のどかな感じです。

サトウキビ畑と線路


途中トイレ休憩などを挟んで約3時間後
シエンフエゴスの街に入りました。

シエンフエゴスの街に入る


シエンフエゴス Cienfuegos は
砂糖をはじめ、コーヒーやタバコ貿易の拠点として
1819年にフランス人の移民によって造られた街です。

都市的歴史地区として2005年に世界遺産に登録されましたが、
フランスのエッセンスを感じる建物が多く、
中心となるホセ・マルティ広場の周囲にはコロニアルな建造物が立ち並んでいます。

ホセ・マルティ広場


その広場の中心にホセ・マルティの像が立っています。

キューバ独立の父と言われるホセ・マルティは
セスペデス(→ハバナのアルマス広場の像)が戦った第一次キューバ独立戦争のあと、
1895年第二次キューバ独立戦争を指導した人物です。

マルティ自身は同年戦死しますが、
キューバ独立軍はスペイン軍と死闘を繰り広げ、
1898年には島の半分以上をスペインから解放するところまできました。
しかし、独立戦争の勝利を目の前にして
アメリカの戦艦がハバナ湾で謎の爆撃を受けたためアメリカが介入し、
スペイン・アメリカ・キューバ戦争が始まります。

キューバ独立の父ホセ・マルティの像


街の大聖堂


今は市庁舎として使われている旧行政府宮殿



ホセ・マルティ広場の周辺にもクラシックカーがたくさん並んでいます




旧市街地に並ぶお店


ハバナもそうでしたが、
キューバの街は建物こそ古くペンキが剥げたり、部分的に欠けたりしていますが、
道路にゴミがあまり落ちていなくて綺麗です。

通りには観光客がいっぱいです


土産物店でベルを買ってきました。
カラフルな色合いがキューバらしくて気に入りました。

私は旅行先では
スプーンとマグネット、ベルを記念に買うことが多いのですが、
ベルはあまり売っておらず、なかなか増えません。
今回思いがけず買えて良かったです。

シエンフエゴスのお店で買ったベル


シエンフエゴスの街を少し散策した後、
海岸沿いを南に下りてレストラン「パラシオ・デ・バジェ」に行きました。
ここでランチを頂きます。
この瀟洒な建物は
1913年オーストリア人により莫大な費用と4年の歳月をかけて建てられたもので、
いろいろな様式が混じっているそうですが、アラビア風という印象が強い建築物です。

レストラン「パラシオ・デ・バジェ」


細かい細工が素晴らしく、
スペインのイスラム建築を思い出しました。

レストラン内部



レストラン内部・・・この場所でランチを頂きました


私はロブスターの胴の部分とエビの盛り合わせを注文。

調理の仕方によるのかもしれませんが、
固めのロブスターでした。
日本でもお馴染みの小エビは
柔らかく美味しかったです。

80数か国を旅行したという男性がおっしゃるには、
「エビはどこでも美味しい、間違いがない」とのことでした。
そうなんですね・・・・

ロブスターとエビの盛り合わせ


いつもソフトドリンクの私はオレンジジュース、
皆さんはビールです(向こうに見える緑の缶)。

ジュースと奥のビール


お食事の後はレストランの屋上に行って景色を眺めて来ました。

その後はトリニダーの街を目指して出発です。


次回はトリニダーをご紹介します。



0 件のコメント:

コメントを投稿