2016年7月24日日曜日

北スペイン・ポルトガル旅行記(10)ポルト Porto ③ 美しい本屋「レロ・イ・イルマオン」

6月11日ガイア地区の次は、
ドウロ川を渡って旧市街に行き、
世界で最も美しい本屋の一つと言われる書店「レロ・イ・イルマオン」を訪れました。
この書店は
2008年イギリスのガーディアン紙による
「The world's 10 best book shops」に選ばれたそうです。

美しい本屋 「レロ・イ・イルマオン」の外観は工事中でした・・

開店10時の少し前に行きましたが、続々と人が集まって来ます。
書店の前には美男の店員さんが、
入店料3ユーロを受け取ったり、入店者の整理をしています。

添乗員さんが言っていましたように
ポルトガルは
この店員さん始め、地元のガイドさんも美男子ぞろいでした。。。

イケメンの店員さん・・・「レロ・イ・イルマオン」

開店前の店内を撮らせてもらいました。↓

開店前のレロ・イ・イルマオン・・・中央にらせん階段があります

店内は教会のような美術館のような不思議な世界です。
ここは映画「ハリー・ポッター」のロケ地でもあり、
「ハリー・ポッター」の原作者のJ.K.ローリングは
英語教師として2年間ポルトに滞在していたそうです。

2階から見た1階の売り場とらせん階段


らせん階段

入り口近くの1階の売り場


2階の売り場


お店の雰囲気と合っているステンドグラス



天井のステンドグラスとランプ






古いレジスター

専門書以外にもいろいろな分野の本があります



店内を見るだけのつもりでしたが、
やはり記念に本を買いたくなり、ポルトの写真集を購入してきました。

お土産に買ってきた PORT の本

表紙はPORTという文字が切り抜きになっています


写真だけの本で
ポルトの街やアズレージョなどがたくさん載っています


次回は
華麗なアラベスク模様の「アラブの間」があるボルサ宮に行きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿